完結

家出ねこなんて呼ばないで

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年5月29日

家出ねこなんて呼ばないで

第1章

濡れぬように
寒さに溺れぬように
僕のコートの裾で
君の身体をそっとくるめる
帰るところを知らない君の
冷たい身体をそっと抱きよせる

震えぬように
孤独に潰れぬように
僕の温かな息で
君の瞳にそっとささやく
帰るところを知らない君を
熱い思いでぎゅっと抱きしめる

ベンチの右端で
君は僕に無言の思いを語る

家出ねこなんて呼ばないで
そんな名前をつけないで
ちょっと離れていただけだから
自分で迷ってみただけだから

ベンチの左端で
僕は君に無限の思いを伝える

家出ねこなんて呼ばないよ
そんな名前は忘れよう
ずっと一緒にいたいから
ふたりで進んでみたいから

さあ、
君と僕の
暖かい場所に帰ろう
十六夜月が
東の空に昇りきる前に

君の顔の真ん中に
優…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年5月29日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する