完結

夏が呼んでいる

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年6月7日

夏が呼んでいる

第1章

水色から、空色へ。そして群青色へ。

ビルの屋上近くにあった太陽は、気がつくと家々の隙間からこちらを覗いている。

青の中には茜色と牡丹色に染め上げる。
ススキの手持ち花火で弧を描いたように燃えている。

キャンバスを綺麗に彩るその煌めきに、心臓をぎゅっと掴まれる。

秋の空に感じるそれとは、また違う。
夏が、待っている。

振り返ると濃藍、紺青、鉄紺が入り混じった天井が近づいてくる。

熨斗目花色の雲が、お構い無しに漂っている。

握り締めた手をふわっと緩め、今度は髪を優しく撫でる。

夜風が、心地良い。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月7日

作品情報

今日、空を見て感じたこと。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する