完結

ねむり

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年6月10日

ねむり

第1章




 日ごろ貞淑な妻は、夜になると豹変する。



 淡い唸り声とともに、胸に腕の重みがかかった。
 目を覚まし、電光時計は夜中の3時だ。
 僕はいつのまにかベッドの端に細長く、追いやられるように横たわっていた。胸に乗った妻の左手が、じっとりと熱かった。
 クーラーのタイマーが切れていることに、気がついた。
 夜に含まれる僅かな冷気を全身で吸収しようと、妻は大の字になって眠りの世界にしがみついていた。
 彼女は至極、暑がりなのだ。



 そっと左手をどかし、枕元にリモコンを探す。
 再び滑り出した涼やかな風に、寝顔が僅かに緩んだ気がした。足元に丸まっていたタオルケットをかけてやる。
 広々と眠る姿は、人見知りで、僕の陰に隠れていようとするよう…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月10日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する