完結

海が見える。

恋愛

更新日:2021年6月11日

海が見える。

第1章

有給休暇の申請はすぐに承認された。
土曜日曜をはさんで
金曜から4日間の休暇。

木曜の夜
家に帰ると部屋にいるはずの男がいなかった。
どこにでかけたのか。
女だ。
きっと朝まで帰ってこない。
元よりここは私の部屋だ。
このままいなくなってくれてもいい。
昨夜の行為の後始末もしていない。
散らかった部屋。

夜遅くても対応してくれるレスキューに
鍵の取り換えを依頼する。
これでいい。

明日の朝には旅に出る。
行き先は今から決める。

海の見えるホテルをとった。
片道3時間。
ゆっくりと考えることができる時間。
あの日捨てた恋のことを。

嘘をつかないで生きてといいながら
この言葉こそが嘘だとわかっていた。
ほんとうは
嘘をつき続けて欲しかった…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月11日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

2分

コメント

10

リアクション

36

関連作品

このページの内容について報告する