完結

よあけ

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年6月10日

よあけ

第1章


 さよなら。私の心の中で何度反芻しただろう。
 さよなら。その言葉くらいは嘘であってほしかった。でも、あなたが嘘をつかなくても生きていけるようになるためには、そんなわがままなことを言ってはいけないだろう。

 部屋の電気を消した夜の中。暗闇に慣れた目と、月の光だけが頼りだった。
 あなたと過ごした夜を、今はひとりで過ごしている。
 窓辺に座っている私を窓ガラスが無遠慮に映した。無心な私が見つめてくるから、私は笑みを返した。窓ガラスの奥にいる私も笑い返した。簡単な顔して笑わないでよ。
 窓辺から移動しようと立ち上がったところで、何かを落としたみたいで軽い音が響いた。何かを拾い上げる。小さなスティック状の何かは、口紅だ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月10日

作品情報

よるのあとのあとどころかよるのまっさいちゅうな気がしますが、いいじゃないですか。おやすみなさい。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する