完結

ヒトリゴト

恋愛

更新日:2021年6月22日

ヒトリゴト

第1章

 空の青さ。雲の流れ。風のにおい。
 兆候は、そんな風に喩えてもいいくらいに、とても些細なものだった。
 たとえば、以前に言ったことを覚えていない。またあるときは、約束や返信をすっぽかす。人間だから忘れることだってあるのだろうけど、末期になると、そこまで忘れるのならもう身体に書きとめておけばいいのに……と思っていた。

 なにより、昨日街中で一緒にいたとき、わたしの方に向いた黒いビー玉みたいな瞳は、わたしの身体を透過して向こう側にいる違う女の尻を追いかけていることに気づいた。その瞬間から、彼のかさついた唇から血のように流れ出る「愛してる」が「アイシテル」に変わって、最終的にその日の夜のベッドの上で、わたしの…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月22日

作品情報

だって「よる」の「あと」の「あと」ってことですよね?(声:西村博之)

執筆時BGM : よるのあと / adieu

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

5分

コメント

12

リアクション

39

関連作品

このページの内容について報告する