世界の終わりと始まり

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年7月6日

世界の終わりと始まり

第1章

「私は世界の終わりを見た。」

男が言った。
男は全てを知ったような眼をしていた。そして、その眼には何も映していない。全てを知っている代わりに、全てをその眼から排除していた。
「そこには永遠の生と永遠の死があった。」

「どのような場所でしたか。」
インタビュアーが聞いた。
「何もなかったよ。ただ意識だけが存在していた。だから、次第に忘れていくんだ。自分のことも、家族のことも、大切な人のことも。
 心臓は動いていたから生きていることになるのかなぁ。でも、声も発せられず、人と関われない。そもそも実体がなかったんだ。心臓はない。ただ、考えていた。」

「どのようにして、そうなったのでしょうか。」
インタビュアーが聞いた…

もくじ (2章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月12日

  • 第2章 第2章

    第2章

    2021年7月6日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

7分

コメント

11

リアクション

37

関連作品

このページの内容について報告する