完結

願わくは

恋愛

更新日:2021年6月29日

願わくは

第1章

 さよなら、と言ったのは一度だったのに。
 その言葉にこもった熱とどうしようもない感情のせいで、ずっと響いている。
 
         ‥・*・‥

 つくづく、私たちの関係は不思議だと思う。
 有り体に言えば幼馴染。同い年で家が近くてよく一緒に遊んでいた。
 でも、それほど単純な関係ではない。
 高校を卒業してから一緒に住み始めたけど、恋人というわけでもシェアハウスというわけでも疚しい関係があるわけでもない。
 強いて言うなら、私は彼の精神安定剤なのだろうか。きっとそうだろう。
 彼は私がいないと生きていけないほど疲れていたし、私は彼を愛していた。
 だから成り立っていた関係だった。

 彼の歌声が世界に響き渡ったのは私たちが高校二年生の頃だった。

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月29日

作品情報

 ただ、願う。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

8分

コメント

6

リアクション

22

関連作品

このページの内容について報告する