完結

初秋の水面に羽音たつ

恋愛

更新日:2021年6月14日

初秋の水面に羽音たつ

第1章 よる




 閉塞感に耐えられなくなって、私はコウちゃんに問いかける。

 「ここはどこなの?」

 薄暮に染まる空間は、コウちゃん以外に見出すものを認めなかった。
 静寂が世界を包み、胸元に走る緊張。

 コウちゃんは何も応えない。
 真っ黒な瞳は、捉えるべき光を見失って空中を漂う。

 それでも私は感謝した。
 世界にたった二人だけの存在。
 疑う余地の無い安堵に包まれて、私は深い眠りに堕ちていった。



 悪魔の存在には、まだ気づいていなかった。




もくじ (4章)

  • 第1章 よる 第1章 よる

    第1章 よる

    2021年6月14日

  • 第2章 よるのあと 第2章 よるのあと

    第2章 よるのあと

    2021年6月14日

  • 第3章 よるのあとのあと 第3章 よるのあとのあと

    第3章 よるのあとのあと

    2021年6月14日

  • 第4章 夢の終わり 第4章 夢の終わり

    第4章 夢の終わり

    2021年6月14日

作品情報

((ε-(= ̄ω ̄) ふふんふん~♪
( ̄ω ̄=)-3)) ふふふんふん~♪




∑((≧∇≦υ))は!?
見つかった!!

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

3分

コメント

71

リアクション

477

関連作品

このページの内容について報告する