完結

message

第1章

 制服の胸ポケットに造花をさしたまま、わたしは口を「へ」の字に曲げて、手にしている冊子のページの中にある、一文をにらんでいた。

 そこには「専業主婦になりそうな人」という字が躍っている。
 下に第3位までのランキングがつけられていて、栄えある第1位には「松山美里(まつやまみさと)さん」という、わたしの名前が記されていた。


 そもそもが、たいして自分のことを知らないようなクラスメイトもいる中でこのようなレッテル貼りを行うことにも腹が立つのだけど、にしたって専業主婦かよ……という感じだった。なんなら別に結婚なんてまだ考えてもいないし、既に今の段階で、仮に結婚したとしても仕事は続けたいと思っている。子供が生まれ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月17日

作品情報

劇的なこと起きてるやん、って言われてもねえ(声:松本人志)

執筆時BGM : なし

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

11分

コメント

10

リアクション

32

関連作品

このページの内容について報告する