長い命の使い方

更新日:2019年1月21日

長い命の使い方

第1章 長い命の使い方



【祈る神なんて】

 少女が夜の街を歩く。 小柄、華奢、細身、低身長、幼い子供のような姿をした少女であり、近隣の名門高校の制服を着ていることのみが、少女の年齢を正しく示していた。

 少女の息は切れはじめており、日々の運動不足が祟って早歩きをするだけで脇腹が痛みを発して、息を吸って吐いてとしている気管が乾いてヒューヒューと音を鳴らす。

 その少女の後ろから追いかけてくるのは、現代日本では秋葉原かハロウィンでしか見ないような膝の下まであるような黒いローブを着た男達。 嫌に着慣れた格好は安っぽいコスプレらしさを取り除いて、妙な威圧感を放っていた。

 少女は逃げられると思っていなかった。

 運動不足で背の低い自分、それに…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 長い命の使い方 第1章 長い命の使い方

    第1章 長い命の使い方

    2019年1月21日

作品情報

古くから時代の陰で暗躍してきた【魔術師】の組織に所属しているユツキは、組織の命令により遺伝子操作を受けた優秀な高校生達を始末するため、ある私立高校に編入する。
けれど、メインターゲットである長井 ミコトと関わっているうちに、組織の命令に疑問を覚えて始め、彼女を守るために組織を裏切ることを決意する。
これは、遺伝子操作を受け、唯一の二種の魔術を扱える魔術師であるユツキによる反逆と成長の物語である。

他のサイトでも投稿しています。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

じっくり

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する