完結

本棚の秘密

恋愛

更新日:2021年6月24日

本棚の秘密

第1章

あぁ、なんて懐かしいんだ。

これはわたしが高校生の時の日記だ。
誰にも見せたくなくて、本の表紙のノートをわざわざ買ってきて書いていたなぁ。

よくもまぁ、こんなに綺麗に保管されていたものだ。この時からもう7年も経つと思うと月日の流れに体が震える。え、今何歳?

もう、30歳がちらつく25歳。
なんともリアルな年齢だこと。

久しぶりに仕事の休みを使って帰省した。

そして今、
自分の部屋を片付けていたんだが…

早々にこんな思い出が詰め込まれた一冊を
見つけてしまうとは想像もしていなかった。

これは想定外だ。

今の今までこのノート(日記)のことさえも覚えていなかった。断捨離がブームだとか職場の先輩が言ってたから私も実家の方片…

もくじ (11章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月23日

  • 第2章 第2章

    第2章

    2021年6月23日

  • 第3章 第3章

    第3章

    2021年6月23日

  • 第4章 第4章

    第4章

    2021年6月23日

  • 第5章 第5章

    第5章

    2021年6月23日

  • 第6章 第6章

    第6章

    2021年6月24日

  • 第7章 第7章

    第7章

    2021年6月24日

  • 第8章 第8章

    第8章

    2021年6月24日

  • 第9章 第9章

    第9章

    2021年6月24日

  • 第10章 第10章

    第10章

    2021年6月24日

  • 第11章 第11章

    第11章

    2021年6月24日

作品情報

実家の私の部屋の本棚にひっそりと
置かれていたのは高校時代に書いていた日記。

その日記を開くと、
ピンク色の花々広がって甘酸っぱすぎる
思い出が一つ一つ飛び出してくる…

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

16分

コメント

6

リアクション

70

関連作品

このページの内容について報告する