完結

蜘蛛の巣

恋愛

更新日:2021年6月27日

蜘蛛の巣

第1章

 事務所の掃除をしていたら、部屋の隅に家主のいなくなった蜘蛛の巣を見つけた。ところどころ砂や埃が被さり、ふわふわと風に揺れているその空き家に、一匹の蛾が未練がましくも絡まっている。

 私は掃除機の持ち手を握りしめたまま、その場に立ち止まり、その蛾の死体をじっと見つめる。家主もいないのに、なぜ抜け出せなかったのだろう。

 なんだか女々しくて、嫌いだ。
 だって、これじゃまるで……。

「……わたしみたいだ」
「ん?」

 思わず、そんな言葉が口からこぼれた。しかもタイミング悪く、店長に聞かれた。店長は、こういうときに限ってやけに耳が良くて、鬱陶しい。

「亜美ちゃん、どないしたん?」
「なんでもないです」
「あ、そう」

 …

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年6月27日

作品情報

蜘蛛さんと蛾のお話です(嘘)

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

24

リアクション

36

関連作品

このページの内容について報告する