完結

甘い日々

恋愛

更新日:2021年7月4日

R-15

甘い日々

第1章 憾み

絶対イける。絶対ヤレる。間違いない、あの子は俺の事が好きだ。
朝の登校の時のバスなんて俺の方が絶対早い便なのに何故かあの子がいる。何度か恋愛話ししたけど、「卒業する時はお互い恋人がいないといいね。」とか俺がふざけて「体重何キロ?」って聞いたら、あの子は躊躇いもなく自分の体重を教えてきた。
俺がほかの女の子と話していたら、あからさまに嫌な態度をとったり拗ねたりしてる。

だから今夜電話をかけるんだ。慌てるな、俺。
「あ、もしもし急な連絡って何?」
「あの、好きだから付き合ってくれないか?」
あの子が電話越しで照れ笑いしているのがわかった。
「私、元カレとヨリを戻したんだ。」
一瞬、頭が真っ白になった。いや、別れ…

もくじ (1章)

  • 第1章 憾み 第1章 憾み

    第1章 憾み

    2021年7月4日

作品情報

実話?です。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する