完結

たとえ何度失敗しても

恋愛

更新日:2021年7月5日

たとえ何度失敗しても

第1章


片想いの相手、クラスメートの小野咲さんを、放課後、呼び出した。

この告白に、僕のすべてを賭ける。

僕は、必ず、この理想の恋を実現させてみせる――



「小野咲さん。好きです。……僕と、付き合ってください!」

「……はい、喜ん」

「やっぱり、ダメだぁっ!」



僕は我慢できず、小野咲さんが応え終わる前に、叫んでいた。

「角度が! 角度が足りなかった! ごめんなさい、小野咲さん。こんなみっともない告白を見せてしまって!」

僕はショックのあまり、膝から地面に崩れ落ちた。こんな失敗をしてしまうなんて、自分が情けない、ふがいない。校舎裏の地面に、握り締めた拳を叩きつける。

「えっと……《今回は》、どこがいけなかったのかな? ……角…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月5日

作品情報

別のところで書いた話ですが、お題にぴったりなので・・・

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する