完結

無限に生えてくる牙

その他

更新日:2021年9月14日

無限に生えてくる牙

第1章

牙っていうと、やっぱ獣の牙とか
「牙を抜かれる」
なんていう言葉が思い浮かぶ

でも、今の私は深夜のハイテンション
頭の中には
林檎の「キラーチューン」が流れてる

なんでもできそうな気分
こんなこと恥ずかしくって
昔の私ならブログに書きなぐって
一瞬あげて
恥ずかしくなってすぐに消して
そして永遠に下書きのままだった
それも匿名で

何の勇気もない
何のプライドもない
意気地のない女だった
いや逆に
まだギリギリの恥じらいがある
かよわい女子だったのか

今は違う
牙が生えてる
女子は強くなった

やりたいことは主張する
そしてやる
文句を言われても
「負けないぞ」
って思うようになった

説教屋は苦手
自慢屋は苦手
昔は相手のペースに永遠にのまれてた…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する