完結

逢いたい

恋愛

更新日:2021年7月7日

逢いたい

第1章

七夕の夜、天の川が見えるこの砂浜で織姫と彦星のように逢おう。

そう彼は言い残してこの島を出た。

それから毎年、七夕には決まって雨が降った。

雨が降るとこの島へと船が辿り着く事は不可能だから、当然のように彼が島に戻る事はなかった。

それどころが手紙のひとつも送って寄越さないあいつめ!
ロマンチックな事を言っていたけど本当はこの時期が雨続きだって事を予測してあんな歯の浮くような台詞を…

何年もてるてる坊主に話し掛けながら健気に待ち続けた自分を嘲笑った。

それでも聞き分けのない私は、揺れる笹の葉に願いを込めた短冊を結んではその願いは虚しく叶わぬまま灰となって空に散る。


『想いが伝わりますように』


**


夜…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月7日

作品情報

《ひぐらし 第五十三作目》

7月7日七夕
織姫と彦星が逢えますように

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する