本当は怖い歯医者の話

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2021年9月10日

本当は怖い歯医者の話

第1章 1.紹介状




 歯茎から親知らずの先端が顔を覗かせていたので、歯科医院に行った。クリーニング以外で受診するのは久しぶりだ。
 ウィィ……と音を立てながら倒れる台で横になり口を開けると、口内を観察していた歯科医が「うーん」と唸った。
「これ、抜くならサクッと切開しないとダメだねぇ」
 どうやら親知らずは横向きに生えているようで、これ以上生えてくることはないらしい。だから抜くしかない、という。

「でもサクッと終わるから。とりあえずレントゲン撮ってみようか」
 軽い口調。さっきから「サクッと」を連呼しているけれど、そんなに簡単に終わるものなのだろうか。もしかして「サクッ」は切開する音を言っているんじゃないか。私は心のなかでそんな…

もくじ (3章)

  • 第1章 1.紹介状 第1章 1.紹介状

    第1章 1.紹介状

    2021年7月8日

  • 第2章 2.診断 第2章 2.診断

    第2章 2.診断

    2021年7月24日

  • 第3章 3.手術前の準備 第3章 3.手術前の準備

    第3章 3.手術前の準備

    2021年9月10日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

10分

コメント

22

リアクション

35

関連作品

このページの内容について報告する