完結

そういうとき。

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年7月9日

そういうとき。

第1章

ビール500缶を片手に考える。
あと何缶のめるかなあって。
生きている間に。

それくらい軽いような
人によっては重いような。

若い人ーーー例えば30歳前の人とか。
絶対に幸せになって欲しい。
30歳過ぎていたってもちろんいいよ。
幸せを自分で掴み取ってほしい。
幸せって何?
それは自分が決めること。

誰かのくれる幸せとか
誰かの価値観の上にある幸せとか
悪いけど無視していい。

自分の気持ちを真ん中に持っていて。
マリコさんの受け売りだけど
私の本当の気持ちでもある。

いいの。
40だって50だって60だって。
いくつになっても幸せを求めていいの。

怖いのは
それを諦めてしまうこと。






自分に言い聞かせている。

諦めち…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月9日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

12

リアクション

27

関連作品

このページの内容について報告する