ふとふわりと

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2021年7月11日

ふとふわりと

第1章 イキザマ

 

 

“生き様”...っていう言葉って、いいなぁ~と
今朝、ふと思った。
 
褒められるとか呆れられるとか
そういうことは関係なくて
一つひとつの命の生きてきた様子という
“生き様”という言葉がいい。
 

私自身は、
生まれた意味とか
生きる意味とか
ほとんど考えずに生きてきた気がする。

ある意味
私の代わりなど、どこにでもいる...
と思ってきた。

でも、それは、
私がいなくちゃ!私じゃないと!というものは
特にないんだから
何にも縛られることなく自由でいたいの!
という想いを手放さないための
無責任な言い訳だったのかもしれない...と
最近、思ったりもする。


「死」というものが、人には必ず訪れる。
自分にも、いずれその時が来る...というの…

もくじ (1章)

  • 第1章 イキザマ 第1章 イキザマ

    第1章 イキザマ

    2021年7月11日

作品情報

なんの脈略もなく、ある日ふと、ふわり心に舞い降りてくるコトバがある。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する