完結

FANG

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年7月13日

FANG

第1章

浅瀬で波乗りを楽しむ頃はまだよかった
憧れの大海原に出たなら
曖昧なすべてに 明日さえ不確実で

案の定 網に絡まって
それを切り裂くための牙が必要になった

だけど 突然に手にしたものだから
その上手な扱いを私達はまだ知らない

真価が転じて 歪むその時は
きっと悲劇も目にするだろう


哀れな子羊が生け贄になり消えていった
独りでは狼でも同じこと
複雑な迷路に 足取りも不安定で

それならば 駅に集まって
皆乗り合わせればいいと言うようになった

だけど 独善に身を委ねることの
その本当の功罪を私達はまだ知らない

進化と信じて 進むその先で
どんな寓話を手にするだろう


例えば

森の中で 
出逢いやすくなった 繋がりやすくなった
だけど正体まで知られないよ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月13日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

13

関連作品

このページの内容について報告する