完結

満月の夜、もしも晴れなら

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年7月13日

満月の夜、もしも晴れなら

第1章 【前編】


『いますぐ来てよ』

夜中にLINEで呼び出された。
イラストの美少女キャラが「はぁ?」と言っている煽り用のスタンプを返しつつ、すでに消灯していた部屋で、そっと寝間着から着替える。両親にバレないように階段を降り、玄関じゃなく車庫側のドアから外に抜け出す。

『十分で行くからな。首を洗って待ってろ』

送信ボタンを押す。
カシャン、と自転車の鍵を開く乾いた音を真っ暗な車庫内に残して、風のない静かな夜の街に漕ぎだす。
正面には、雲のない闇一色の空に、真円の満月。


 ★


ヒメの家は高台のてっぺんにある。
坂を登りだすと、うちのような下々の住む平地とは違い、見るからに立派なお屋敷街へと風景が変わる。整然と無言で立ち並ぶ圧迫感…

もくじ (2章)

  • 第1章 【前編】 第1章 【前編】

    第1章 【前編】

    2021年7月13日

  • 第2章 【後編】 第2章 【後編】

    第2章 【後編】

    2021年7月13日

作品情報

満月の夜、晴れた闇に真円が輝く空の下でも、あなたは会いに来てくれますか。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

13分

コメント

8

リアクション

33

関連作品

このページの内容について報告する