完結

動かない星座よりも

SF・ファンタジー

更新日:2021年7月14日

動かない星座よりも

第1章


抜けるような青が、街の上に広がっていた。

「おじいちゃん、ほら、いい天気だよ! お外、行こうよ!」

病室に入ってくるなり、帆奈はキラキラした目を輝かせながら、大声で部屋の主に呼びかけた。

「こら、帆奈。いくら個室だからって、病院でそんな大声出しちゃダメでしょ」
「だってえ」

帆奈は、母親の秀香のほうを不満げに振り向く。

「まあ、いいじゃないか。帆奈、それに秀香、よく来てくれたね」

譲一は瘦せた身体を起こして、帆奈の頭を優しく撫でた。

「大きくなったなあ。何歳になったんだ?」
「やですよ、おじいちゃん。三か月ちょっと前にも連れてきたでしょう。まだ七歳から変わってませんよ」
「おお、そうだったか。何しろ、ここに来てか…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月14日

作品情報

百パーセント当たる天気予報の、何が面白いと言うんだろう。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

11分

コメント

6

リアクション

25

関連作品

このページの内容について報告する