夏になったら

恋愛

更新日:2021年7月15日

夏になったら

第1章

あなたに会えることが私は幸せなんだよ
なんて言って困らせてはいけないかな
あなたの気持ちが私に向いていないことが
あなたに対する唯一の苦しさなの

始めてふと手が触れた時の
あなたの手の温もりを思い出しては

冬では冷たいだけの私の手も
夏になったらひんやりしてると握ってくれますか
そうした後で私の名前を呼んで
たった二文字の想いを言ってくれたら幸せなのに

この冬の寒空の下のせいかな
あなたの心も温かくならないのは
降り積もる雪が溶ける頃には
あなたのかじかんだ心に手を差し伸べるかもね

私の小さく冷たい手なんかじゃ
あなたの心は温められないね

冬では冷たいだけの私の手も
夏になったらひんやりしてると握ってくれますか
そうした後で…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月15日

作品情報

物語というよりも文字数を合わせていない歌詞みたいになりました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する