完結

懐かしい味

恋愛

更新日:2021年7月15日

懐かしい味

第1章

母は僕の高校入学と同時に蒸発した

蒸発という言葉は誰が当てはめたのだろう
本当にぴったりな言い回しだと思う
昨日まであった存在が、目を覚ました時には跡形もなく消えてしまっているのだから

きっと母は高校生になるのを待っていたのだろう
高校生にもなればアルバイトができるので自分で生きていけると思ったのだろう


そんな壮絶なスタートで幕を開けた高校生活だったが、意外にも何も困ることはなかった
学校にはきちんと説明してアルバイトを認めてもらい、家の近くのファミレスで働き始め、決して裕福とは言えないが最低限の生活と娯楽は自分で手に入れ、バイト先で知り合った彼女と交際もスタートして、一緒に住み始めた
そのまま何事もなく…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月15日

作品情報

主人公:佐久斗
母が高校の時に蒸発 アルバイトを始めて美咲に出会う
彼女:美咲
アルバイト先で佐久斗と出会い交際 一緒に暮らし始める 佐久斗の母のことは付き合ってすぐに聞いている


少し不憫な主人公と彼女
ある日彼女が作ってくれた手料理がきっかけに起こる話

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する