完結

Consolation No.2

恋愛

更新日:2021年7月20日

Consolation No.2

第1章 dolce

その部屋に入ったとたん美しい夜景が目に飛び込んできた。
思わず窓に駆け寄る。
ホテルの上層階から見下ろす景色は素晴らしかった。
色とりどりの灯りがキラキラ光って、まるで黒い天鵞絨に散った宝石のよう。

「わあ、すごい。綺麗!」

窓ガラスに大きな口を開けて叫ぶ自分の姿が映る。

「気に入った?」
「はい、とっても!」

振り返って答えると、暖色の間接照明に照らされた篠崎さんが目を細めて柔らかく微笑んだ。
やや低めの耳に心地よい声が響く。

「それは良かった」

言いながらスーツのジャケットを脱ぐ。落ち着いたダークブラウンのベスト姿が少し癖のある柔らかそうな明るい色の髪とよく似合っている。篠崎さんはジャケットをウェイターに預け…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 dolce 第1章 dolce

    第1章 dolce

    2021年7月20日

作品情報

consolation(慰め)は甘い方がいいですか?
dolce(柔らかく)
このお話はConsolation No.1と一部リンクしています。このお話だけで独立していますが、読んだいただいた方が面白いかもしれません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

6分

コメント

14

リアクション

18

関連作品

このページの内容について報告する