完結

クツシタ

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年7月21日

クツシタ

第1章

ああ、そうだった。俺は今ふと思い出す。
この家に来た日も、大粒の雨が降っていた。

刈りたての草の匂い。ぬるい風。甲高い子供達の笑い声と蝉の鳴き声。何度も人が俺の前に来ては、遠ざかるのを繰り返し見た。
草の匂いがしなくなり、もうろうと意識が遠くなる。空が陰り、うだるような湿気に包まれたかと思ったら、俺は突如の大雨にうたれた。

不意に視界が真っ暗になり、抵抗する力もなく、俺は温かな彼女の腕の中にいた。鈍る感覚になすすべもなく、俺はただただ揺られていた。
その時思った。ああ、これから俺は生きるんだ。

彼女は決して几帳面なタイプではなかった。と言うか、むしろ自分本位でいい加減。
行きたい時に俺を連れ出し、ごはんだ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月21日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

6

リアクション

21

関連作品

このページの内容について報告する