完結

Train

その他

更新日:2021年7月23日

Train

第1章

汽車に揺られながら、黄色い菜の花を目で追う。
夢と憧れを握りしめた、あの頃のボクが大きく手を振っている。
田舎の風景は、重ねてた殻を脱ぎ捨てていいよと言ってくれる。
自分らしさを着飾って、誰かを真似て生きてた自分に気付く。
キミが好きだったロックを聴きながら、思い出すのは二人で夕陽を見た丘、古い神社そして無人の駅。

あの丘に、キミと宝物を埋めた。
10年後の二人へのプレゼントを。
ボクはキミへのプロポーズを、ハートのカードに書いてたんだ。
大きな夕陽に誓った言葉は、どれも沈んでしまったけれど、キミへの想いは、今でも夜になると、星の端っこにぶら下がっている。

古い神社は、参拝する人も居なくて。
境内の桜の木に、…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月23日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する