完結

夏模様

その他

更新日:2021年7月26日

夏模様

第1章

 僕は「陽色」と名付けられた。
 僕の毛の色が夏のお日様みたいにピカピカだったからなんだって。
 
 確かに僕の毛色は綺麗だよ。
 それは認める。毛づくろいも欠かしてないよ。
 この毛は僕の自慢の1つだからね。

 でも僕、夏は好きじゃないのさ。
 湿気でせっかくの毛は張り付いてペタペタになるし、そもそも猫って生き物は暑さに弱いんだ。
 野良の奴らなんて、いつだってクルマの下に隠れて恨めしそうにしてるだろ?

 猫は夏が好きじゃないけど、夏のお天気は猫に似てるんだよね。

 周りの迷惑なんてお構いなしに1人で張り切っちゃってる青空とか。
 急に暗い雲を引き連れて、爪を立てて引っかいてくる雷とか。
 ビックリするほど鮮やかな色の瞳で誘惑してくる…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月26日

作品情報

犬派か猫派で言えば、ゴルデンレトリバー派です。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する