完結

長い廊下

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2021年7月27日

長い廊下

第1章 長い廊下

育ったのは、おもちゃ箱をひっくり返したような街だった。

田舎から出てきた両親は、土地のことも知らずに川辺のマンションを購入したのだろう。

すぐ近くには14階建ての市営住宅があった。当時としては、高層でかつ超大型の集合住宅だった。

そこにはあらゆる人達が住んでいた。

小さな私には「あらゆる」の意味も分からず、夜になると聞こえる叫び声や、バイクのエンジン音を聞くと、「あぁ、夏が来たなぁ」と季節を感じたものだった。

突然いなくなる家族や、自ら命を絶つ住人も少なくなかった。

しかし、それが日常だった。

その集合住宅には、学校の友達も多く住み私もよく遊びに行っていた。

ある日、14階に住む友人の家に遊びに行くためにエ…

もくじ (1章)

  • 第1章 長い廊下 第1章 長い廊下

    第1章 長い廊下

    2021年7月27日

作品情報

私自身が実際に小学生の頃に体験したちょっと不思議な話。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

5

リアクション

12

関連作品

このページの内容について報告する