完結

無限ガラケー

ホラー・サスペンス

更新日:2021年7月29日

無限ガラケー

第1章

僕はUFOとUMAが好きだ。
ただし、この手の話題で盛り上がったことはない。
「これは典型的なアダムスキー型だね!」
「え?なにが?」
といった具合で、アダムスキー型すら一般的な単語ではないからだ。
車で例えるなら、HONDAとかTOYOTAとかNISSANのようなものなのだが。

心霊体験も、一応聞いてはくれるが、それほど盛り上がらない。
金縛りには3回ほど会った事があるが、大体は異性が横やら枕元やらお腹の上に立っている。
女性なら男性の霊が、男性なら女性の霊が出るらしい。
「へぇ~、そうなんだ」
てな具合だ。


僕の実家に駅から帰り道に、大きな霊園がある。回り道をすると遠いが、霊園を直進するとかなりの近道になる。…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月29日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

6分

コメント

2

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する