完結

蝉とブランコ

恋愛

更新日:2021年7月28日

蝉とブランコ

第1章

 夜でも蝉はこんなに鳴くんだっけ?俺は公園の横を歩きながら、そう考えていた。そういえば幼稚園の時に、この公園で美波とブランコで靴飛ばしをしたのをふいに思い出した。

 あの時の美波は、サッカー少年に間違われるようなヤツだった。それが今こんなになるなんて。

「夜でもこんなに蝉鳴いてたっけ」

 隣で歩く美波は、まるでファッション雑誌から抜け出したような格好をしている。表参道を颯爽と歩いている姿が想像できる。一方の俺は近所のコンビニに行くようなTシャツ短パンだ。適当な格好で小学校の同窓会に参加したのは失敗だったかもしれない。夜じゃなかったら、カップルで歩く2人のファッションのギャップで道行く人に笑われただろう。…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年7月28日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する