完結

入り口のない出口

ホラー・サスペンス

更新日:2021年8月6日

入り口のない出口

第1章

ある日の放課後。
「ねぇ『入り口のない出口』って知ってる?」
突然幼なじみの咲が話しかけて来た。
「え?急にどうしたの。」
「この学校の都市伝説。知らないの?」
「ちょっと、私子供じゃないんだからさ。そんなん興味ないって。」
「つまんない。」
小さい頃と何も変わってないな、と思いながら話を聞くとさらに続けて、
「なんか、どっかにあるらしいよ。その場所がね。でね、そこに行くと入り口がなくて、出口しかないんだって。」
「胡散臭いね。てか出口しかないっておかしくない?」
「まぁまぁ。でね、暇してそうだから話しかけたわけ。」
「…………え、それってまさか」
「そういうこと。まぁ騙されたと思って行こ?」
「えー、ダルい。」

もくじ (2章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年8月3日

  • 第2章 入り口のない出口 第2章 入り口のない出口

    第2章 入り口のない出口

    2021年8月6日

作品情報

”入り口”はないんです___

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する