xな時間、yな教師

お仕事

更新日:2021年7月31日

xな時間、yな教師

第1章 しがない塾講師

俺は講師だ。

と言っても、しがない塾の学生アルバイトだ。

大手の塾でアルバイトが出来るのは、一流大学の生徒か、高校時代そこに通っていた生徒が大半で、俺のような地方から出てきた学生なんて相手にしてもらえなかった。

教師になることが小さな頃からの夢だったから、個人経営のこじんまりとした塾でアルバイトをしている。

生徒はアホな奴らが多いが、可愛くて仕方がない。一生懸命ノートを取っているのに、いつも赤点を取ったり、毎日真面目に塾に通うのに最初の10分で必ず居眠りをしたり…。

なんでやねん!何しに来とんねん!!

と叫びたくなるのをグッと我慢する日々。

よし、今日も授業がんばるか!
気合を入れて教室へ。

授業開始から…

もくじ (1章)

  • 第1章 しがない塾講師 第1章 しがない塾講師

    第1章 しがない塾講師

    2021年7月31日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する