完結

深夜割増

恋愛

更新日:2021年8月12日

深夜割増

第1章

「ねえ、いっしょに抜け出してくれない?」


 その日は会社の飲み会で、おれは気乗りしないだらだらしたお喋りと上司へのお酌まわりにうんざりしていた。やっとこさ自分の席に戻ってみたら、その席は勝手に移動してきた次長が陣取っていて、いまは熱心におれの隣に座っていた新人の女の子にプライベートを根掘り葉掘り聞き込んでいる。世が世なら橋の欄干に刎ねられた首を晒されてもおかしくない悪行だと思う。
 自分より酔っぱらってるやつを見ると、酔いが醒めるなあ。
 そんなことを思いつつ適当な空席に移り、ただぼんやりとグラスを傾けていたら、隣に座っていた沢口(さわぐち)さんが、そっと耳打ちしてきたのがその言葉だった。

 沢口さん…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年8月12日

作品情報

たまには学生じゃない主人公で書きたくなった。

執筆時BGM : なし

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

10分

コメント

6

リアクション

26

関連作品

このページの内容について報告する