完結

世にも奇妙なmonogatary ~メテオライト~

SF・ファンタジー

更新日:2021年8月13日

世にも奇妙なmonogatary ~メテオライト~

第1章 シュレディンガーの軌跡




--Booting the system--
----Schwarzschilder----





 釣りをしない私が、なぜかタモ網を買う羽目になってしまった。

 今まではのらりくらりとかわして来たが、とうとう拝み倒されてしまった形だ。幼馴染みであり職場の同僚でもあるセクトは、休日になれば海だ川だと竿を担いで出かけて行く。今日も今日とて朝から釣具屋を巡って、ようやく一息ついた昼どきの商店街。どうせならチサトを誘えばいいと思うのだけれど、なぜか声をかけられるのは私ばかりだった。

 密かな恋心を弄ばれているのかしらん。

 ロマンチストよろしく感傷に浸ってみようと試みたが、どうやら性分が合わなかったらしい。自らの妄想にこそば…

もくじ (4章)

修正履歴
  • 第1章 シュレディンガーの軌跡 第1章 シュレディンガーの軌跡

    第1章 シュレディンガーの軌跡

    2021年8月13日

  • 第2章 月光浴 第2章 月光浴

    第2章 月光浴

    2021年8月13日

  • 第3章 終わる世界 第3章 終わる世界

    第3章 終わる世界

    2021年8月13日

  • 第4章 天獄への扉 第4章 天獄への扉

    第4章 天獄への扉

    2021年8月13日

作品情報

人は、生きようとする所にその価値がある。
終焉が刻一刻と迫り来る中で、
それでも、私は未だ「生」を渇望し、
そして、
たった1人のあの人を求めている。


本作品は、TEAM JACKPOT 企画書「世にも奇妙なmonogatary」
 https://monogatary.com/story/259500
 参加作品です。

物語へのリアクション

お気に入り

3

読書時間

21分

コメント

38

リアクション

196
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する