完結

餞別のきび団子

コメディー・お笑い

更新日:2021年8月14日

餞別のきび団子

第1章

 こんなに眠い中、料理を作ると言う作業は非効率だ。包丁を持つ手も危なっかしくて良くない。でも今やらないといけない。なんせ、僕は明日、鬼退治の冒険へ旅立ってしまうから。このギリギリの状況で僕は料理をしている。でも、でも。
「ふわぁ~、おばあちゃん、もう明日、鬼退治へ旅立つ日なんだからもう寝させてよ、それともまだ最後に何か作らないといけないの?」
 そう聞くとおばあちゃんは表情を一つも変えずに、
「料理はオマエの役目だから、作らないといけないモノはまだある」
 と冷淡な声で言った。何で僕が旅立つ前日でさえ、こんなに冷徹でいられるんだと、少し恐怖を感じつつも、僕はこう言った。
「確かにこの家の料理担当は僕だけどさ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年8月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

14分

コメント

8

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する