完結

パシフィック・ホテルの正午

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年8月14日

パシフィック・ホテルの正午

第1章

 約束の時間を15分過ぎても、ホテルのロビーに啓介は現れなかった。
 巨大な花瓶にこぼれんばかりに活けられたユリか、流れるように隙なく働くホテリエたちの香水、あるいは汗か、それともバカンスを味わう客たちが抱く金とゆとりか、ラグジュアリーホテル特有の冷やりとした香りの中で、私だけが余裕もなくそわそわと、LINEを繰り返し開いていた。

 ―7/15、パシフィック・ホテルのロビーで、18:00に。フレンチの予約を取りました。

 日時、場所に誤りはない。
 「着いたよ」「花瓶の周りのソファで待ってます」という私のメッセージに、既読はつかないままだ。
 もしかしたら緊張して、誤ってレストランまで行ってしまったのかもしれない…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年8月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

14分

コメント

4

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する