完結

双頭竜と天女の勾玉《まがたま》

SF・ファンタジー

更新日:2021年8月15日

双頭竜と天女の勾玉《まがたま》

第1章 ―プロローグ― メッセージ

「チケット当日券、まだ若干ですが残ってま~す。『ヨウデル・ハイボール』のワンマンライブ。宜しくお願いしま~す」

 メンバーの雪がそう言いながら、これから始まる『ヨウデル・ハイボール』のライブチケットを売っている。

 俺達が東京に出てきて3年。
 今日は初めてのライブだ。

「ほら、龍斗《りゅうと》、あんたもちゃんと声出して売ってよ」

「あぁ」

 初めてのライブだけど、俺の心は浮かれなかった。

 ライブまで、あとどれぐらい時間あるんだ?
 スマホで時間を確認しようとすると、1通のメッセージがきていたことに今更ながら気付いた。
 時間からして、受信したのはもう30分前ぐらいだろうか。


『龍斗、今日のライブ見に行くから頑張ってね…

もくじ (15章)

  • 第1章 ―プロローグ― メッセージ 第1章 ―プロローグ― メッセージ

    第1章 ―プロローグ― メッセージ

    2021年8月15日

  • 第2章 ―1章― 勾玉の御守 第2章 ―1章― 勾玉の御守

    第2章 ―1章― 勾玉の御守

    2021年8月15日

  • 第3章 ―2章― 龍神伝説 第3章 ―2章― 龍神伝説

    第3章 ―2章― 龍神伝説

    2021年8月15日

  • 第4章 ―3章― お祝いの花 第4章 ―3章― お祝いの花

    第4章 ―3章― お祝いの花

    2021年8月15日

  • 第5章 ―4章― 再会 第5章 ―4章― 再会

    第5章 ―4章― 再会

    2021年8月15日

  • 第6章 ―5章― 寿巴紋 第6章 ―5章― 寿巴紋

    第6章 ―5章― 寿巴紋

    2021年8月15日

  • 第7章 ―6章― イメージトレーニング 第7章 ―6章― イメージトレーニング

    第7章 ―6章― イメージトレーニング

    2021年8月15日

  • 第8章 ―7章― 陰 第8章 ―7章― 陰

    第8章 ―7章― 陰

    2021年8月15日

  • 第9章 ―8章― 真・龍神伝説 第9章 ―8章― 真・龍神伝説

    第9章 ―8章― 真・龍神伝説

    2021年8月15日

  • 第10章 ―9章― 双頭龍 第10章 ―9章― 双頭龍

    第10章 ―9章― 双頭龍

    2021年8月15日

  • 第11章 ―10章― 天女の力 第11章 ―10章― 天女の力

    第11章 ―10章― 天女の力

    2021年8月15日

  • 第12章 ―11章― 天女の御守 第12章 ―11章― 天女の御守

    第12章 ―11章― 天女の御守

    2021年8月15日

  • 第13章 ―12章― 陽 第13章 ―12章― 陽

    第13章 ―12章― 陽

    2021年8月15日

  • 第14章 ―13章― 陰陽勾玉巴紋 第14章 ―13章― 陰陽勾玉巴紋

    第14章 ―13章― 陰陽勾玉巴紋

    2021年8月15日

  • 第15章 ―エピローグ― 真・天女の御守 第15章 ―エピローグ― 真・天女の御守

    第15章 ―エピローグ― 真・天女の御守

    2021年8月15日

作品情報

俺達が住む小さな島には『龍神伝説』が残されていて、頭が2つある龍の神様『双頭龍』が島の守り神とされている。
――『龍神伝説』双頭龍は島の守り神とされているが、島の周りの地域でその龍は邪悪な存在として伝えられ悪事の限りを尽くしたとされる。それを見かねた神様が、人々を救うために天女の使いをやり、天女は、天上から舞いながら、双頭龍が住んでいる島に降り立ったと言う。すると、双頭龍は天女を見るやいなや、そのあまりの美しさに、この島で一緒に暮らして欲しいと結婚を申し込んだそうだが、天女は悪事をやめるならいいでしょうと言い、それ以来、双頭龍は改心し島の対岸の一帯は平和になったという伝説。
そんな伝説のある弁天島出身の俺達のバンドは、今から初のライブを行う……。

物語へのリアクション

お気に入り

3

読書時間

じっくり

コメント

28

リアクション

205

関連作品

このページの内容について報告する