完結

当日消印有効なり

青春・学園

更新日:2021年8月16日

当日消印有効なり

第1章 1

校庭のポプラの木には夏真っ盛りの合図を知らせる蝉の声がする。

「今配ったのは夏休みの臨海学校の申し込みだ。受付の締め切りが来週月曜日までだから
希望するやつは書類の提出を忘れるなー!
はいじゃ、ホームルーム終わり!」

担任がそう言って教室を後にすると、教室は一気にざわついた。

「どうする、どうするぅ?」

「申し込みするでしょ?」

「もちろん、行くよ!」

「海かぁ...俺、カナヅチだからなぁ。」

「そうだお前、カナヅチだったな、浮き輪持って行けよ!笑笑」

生徒達は夏休みに入る前からすっかり臨海学校気分だった。

「冬馬、お前はどうするの?」

「俺はまだ考え中。塾もあるし、気が向いたら行くかな。」

黒縁メガネの彼は他の…

もくじ (11章)

  • 第1章 1 第1章 1

    第1章 1

    2021年8月16日

  • 第2章 2 第2章 2

    第2章 2

    2021年8月16日

  • 第3章 3 第3章 3

    第3章 3

    2021年8月16日

  • 第4章 4 第4章 4

    第4章 4

    2021年8月16日

  • 第5章 5 第5章 5

    第5章 5

    2021年8月16日

  • 第6章 6 第6章 6

    第6章 6

    2021年8月16日

  • 第7章 7 第7章 7

    第7章 7

    2021年8月16日

  • 第8章 8 第8章 8

    第8章 8

    2021年8月16日

  • 第9章 9 第9章 9

    第9章 9

    2021年8月16日

  • 第10章 10 第10章 10

    第10章 10

    2021年8月16日

  • 第11章 11 第11章 11

    第11章 11

    2021年8月16日

作品情報

《ひぐらし 第五十七作目》
偶然同じ名前の夏生と那月
それを見つめる冬馬との関係
夏休みの臨海学校へ向けて
3人の気持ちが動き始めた

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

16分

コメント

0

リアクション

26

関連作品

このページの内容について報告する