完結

キミとボクのボタン

恋愛

更新日:2021年8月16日

キミとボクのボタン

第1章

本当の気持ちを上手く伝えられないキミと
ボクは、まるでボタンのよう。

とれたり縫い合わせられて、くっついたり。

すれ違っていく。それでも、離れないように縫い合わせようと足掻く。

キミの本質なんか分からない。だからこそボクは、分かろうとする。

キミは、ボクを分かるために手を伸してボクを掴もうとする。

ボクとキミが、向き合って足並みが揃ったら

はずれない、恋するボタンになるでしょう

なぜなら、永遠に思い続けるから。

離れそうになったり、自らとれようとしたり
すれ違っていく事があっても

恋するボタンだけは、はずれないのです。

キミとボクがボタンで繋がっているかぎりは

世界が反転しようと、宝石のように尖っても

キミとボクの…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年8月16日

作品情報

キミとボクの心は、ボタンのように、はずれたり縫い合わせたり。それでも、いつかは。
隣に並べ会えるようなるでしょう…

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する