完結

幼い瞳

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年8月17日

幼い瞳

第1章

「ただ抱きしめて欲しかっただけ」
女は幼い瞳をして、子供のように泣き出した。

⌘⌘⌘

田舎町の小さなスナック。
店の看板「ジル」を照らしているのは裸電球一つ。女はいつも店の片隅でハイボールを飲んでいる。
平日も週末も常連らしき人が数人来るだけだ。
店に来る客と特に会話をすることもなく、注文を取った後は、一人で静かに手にしたスマホを見つめ、時々天井を見上げている。

『すいません、一人なんですけど』と粋なスーツに身を包んだ紳士と呼ぶにふさわしい男が入って来たのを見て、女はビクリとしながらもぶっきらぼうに「どうぞ」と言うだけだった。
『ハイボールもらおう。。。』と男が言い終わらないうちにハイボールが出てきて男は少…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年8月17日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する