完結

ココロ

SF・ファンタジー

更新日:2021年8月22日

ココロ

第1章

 僕にはココロがある。博士がそう言っていた。

 僕のカラダを構成する一番大事なパーツを胴体の左に入れたらしい。
 だから、そこがココロなんだって。
 人間も一番大事な部分が同じ場所にあるんだと言っていた。
「お揃いにしたんだ」
 そう言った時博士は笑顔になっていた。

 僕を作ったのは博士で、この家には僕と博士しか居ない。
 僕が起動して一番最初に受けた命令は「この家で僕とずっと過ごして欲しい」だった。
 命令を実行するために僕は博士と同じ家で多くの時間を過ごした。

 朝博士を起して、博士に朝食のリクエストを聞いて、要望通りの食事を用意する。
 博士が朝食を食べている間、命令が無い限り壁の傍で待機する。
 博士が仕事中は必要に応じて…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年8月22日

作品情報

何も感じない心。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

2

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する