誰かの恩送り

SF・ファンタジー

更新日:2021年8月28日

誰かの恩送り

第1章 1

真夏のアスファルトに横たわって一匹の猫が死んでいた。

子供だった僕にはあまりにも衝撃的過ぎて、それまで鬱陶しい程に鳴いていた蝉の声は一気に静寂となって音を失くした。
その亡き骸を見た僕は顔を顰めながらただ「可哀想...。」と呟いた。
すると「じゃあ、なぜ助けない?」そう言われて手足が出なかった自分を偽善者だと笑われたような気がして喉の奥が乾いた。

″自分にはいったい何が出来るのだろうか。″


〜第2章へ〜

もくじ (17章)

修正履歴
  • 第1章 1 第1章 1

    第1章 1

    2021年8月28日

  • 第2章 2 第2章 2

    第2章 2

    2021年8月28日

  • 第3章 3 第3章 3

    第3章 3

    2021年8月28日

  • 第4章 4 第4章 4

    第4章 4

    2021年8月28日

  • 第5章 5 第5章 5

    第5章 5

    2021年8月28日

  • 第6章 6 第6章 6

    第6章 6

    2021年8月28日

  • 第7章 7 第7章 7

    第7章 7

    2021年8月28日

  • 第8章 8 第8章 8

    第8章 8

    2021年8月28日

  • 第9章 9 第9章 9

    第9章 9

    2021年8月28日

  • 第10章 10 第10章 10

    第10章 10

    2021年8月28日

  • 第11章 11 第11章 11

    第11章 11

    2021年8月28日

  • 第12章 12 第12章 12

    第12章 12

    2021年8月28日

  • 第13章 13 第13章 13

    第13章 13

    2021年8月28日

  • 第14章 14 第14章 14

    第14章 14

    2021年8月28日

  • 第15章 15 第15章 15

    第15章 15

    2021年8月28日

  • 第16章 16 第16章 16

    第16章 16

    2021年8月28日

  • 第17章 17 第17章 17

    第17章 17

    2021年8月28日

作品情報

《ひぐらし 第五十八作目》

復讐を誓ったサンがタマとの出逢いによって自分を見つめ直す物語。
行き急ぐ世界にほんの少しだけスピードを緩めて、誰しもの中にある忘れがちな気持ちを思い出すきっかけになったら幸いです。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

26分

コメント

0

リアクション

90

関連作品

このページの内容について報告する