完結

朝に抱く

恋愛

更新日:2021年8月30日

朝に抱く

第1章


眠るあなたの背に額をつける。

とくん、とくん、と。
わずかに伝わる鼓動に安心して毎晩目を閉じる。

大丈夫、明日もいつも通り大好きよ。

✳︎


「おはよう、明日香」
「…おはよう。要」



「ところで


           ここは、どこ?」



要の記憶は、一週間しか持たない。


20歳の時だった。足を滑らせた私を庇って階段から落ちた彼は頭部を酷く損傷していて、その日からずっと、一週間ごとに記憶がリセットされる。

「ここは、私たちの家よ。同棲しているの。要、よく聞いて。…貴方は、20歳の時に私を庇いながら階段から一緒に落ちたの。その時の後遺症で、貴方の記憶は一週間しか持たない。今、私達は24歳になったわ。今までのことは、今までの貴方が日記につけてい…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年8月30日

作品情報

何度でも。これから先も、ずっと。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する