完結

雨は夜更け過ぎに……

恋愛

更新日:2021年9月4日

雨は夜更け過ぎに……

第1章 ひとりきりのクリスマス・イヴ

「せめてあと1週間、我慢しておけば良かったかな~」

『な~に言ってるの、絵理《えり》。4年も付き合って、結婚の「ケ」の字も考えてないような男、あんな奴さっさと別れて正解よ。それに、私達まだ24よ。まだまだ若いんだし、絵理ならすぐにもっといい男見つかるわよ』

「うん、そうだよね。ありがとう、光莉《ひかり》」

『うんん、また辛くなったら、いつでも電話していいから』

「うん、分かった。やっぱり持つべきものは、親友だね。いつもありがとう」

『うんん、何言ってるのよ。私と絵理の仲じゃない』

「うん、そうだね。じゃあ、今日はホントありがと」

『うんん、じゃあ、またね』

 ふぅ、大分落ち着いたかな。
 やっぱり光莉は優しい…

もくじ (3章)

修正履歴
  • 第1章 ひとりきりのクリスマス・イヴ 第1章 ひとりきりのクリスマス・イヴ

    第1章 ひとりきりのクリスマス・イヴ

    2021年9月4日

  • 第2章 まだ消え残る君への想い 第2章 まだ消え残る君への想い

    第2章 まだ消え残る君への想い

    2021年9月4日

  • 第3章 必ず今夜なら言えそうな気がした 第3章 必ず今夜なら言えそうな気がした

    第3章 必ず今夜なら言えそうな気がした

    2021年9月4日

作品情報

天気予報によれば、日が変わる頃までに雨は上がるらしい。このまま今夜未明まで雨が振り続ければ、東京でも8年ぶりにホワイトクリスマスの予報も出ていたのに……。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

19分

コメント

13

リアクション

32

関連作品

このページの内容について報告する