完結

兄、師匠になる

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年9月5日

兄、師匠になる

第1章

 ある夜、九つ下の、俺にとってはある意味息子みたいな、中学二年生の弟が、リビングの隅のほうで泣いていた。
 
 体育教師に絶賛されそうなぐらい、美しい三角座りだった。

 小刻みに揺れる、弟の背中。

 ズズズっと鼻水をすすりあげる音が、一定の間隔で寂しそうに響いてくる。

 弟とは話題が合わない。正直、何を考えているかまったくわからない。

 だから普段は、めったに話すことはない。
 
 しかし、この状況である。

 きょうばかりは、声をかけてやるべきなんだろうなと思った。
 
 兄というより、おなじ「男」として。

 でも、いざとなると、最初の一言が見つからないんだから、まいった。

 おそるおそる弟の側に近づいて、しばらくもじもじして、ひとつごほんと咳…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月5日

作品情報

ただの馬鹿噺。

モノコン2021 聴くモノガタリ―賞 優秀作品賞 いただきました。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

7分

コメント

82

リアクション

36

関連作品

このページの内容について報告する