完結

弱者切り

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年9月6日

弱者切り

第1章

70歳も過ぎて、連れ合いに先立たれると、余生なんて暇のカタマリでしかない。

電話もめっきりかかってこなくなった。

息子たちが「用心の為」と持たせてくれたケイタイも、滅多に鳴るものではない。

『ヒマだなぁ…』

私は一人つぶやく。

「男ヤモメ」なんて哀れなものだ。

時々電話が鳴って、喜びいさんで飛び付くと、ほとんどがセールスの電話。

たまに「墓地」のセールスまである。

老人には甚だ失礼な話だ。

『まったく…』

怒りと落胆半々で受話器を置くことが多い。

どこの名簿で調べてくるのか「振り込め詐欺」の電話も多い。

ご同輩には悪いが、私はそんなものに引っ掛かるほどモウロクしちゃいない。




ある日、玄関の呼び鈴が鳴った。…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月6日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する