手土産

SF・ファンタジー

更新日:2021年9月10日

手土産

第1章

「冥王星の重力圏に入ります」
「古代、冥王星の基地を表敬訪問だ」
「艦長、波動砲を打ち込むのでは?」
「古代俺も行く。俺の彼女に会ってくれ。手土産に、波動砲の設計図も持っていこう」
「真田さん、彼女って」
「真田は、ガミラス人の女性と恋人になったのだ」
「どういうことですか」
「頼み込んで、遊星爆弾を落としてもらったんだ」
「なんですって?」
「日本の水道に、これを混ぜておいたからな」
「艦長、それ、何ですか」
「古代、放射能耐性剤だ。唯一の被爆国だ、そういうものがあってもおかしくはないだろう」
「こういうこともあろうかと、ばらまいておいたのさ」
「じゃあ、地球防衛軍が日本人ばかりなのも、宇宙戦艦がヤマトしかないこと…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年9月10日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

0

関連作品

このページの内容について報告する