後の世界

異世界

更新日:2021年9月15日

後の世界

第1章 盛衰

そう、作者のひとみ  

一日から始まる数列。瞬時、瞬間、常に、鬱(うつ)の異世界からマブタを開ける。ウチからすれば、マブタは卵の殻。その中から奏でる心の叫びの振動が、マブタを開けたくないのにヒビを入れる。
 それは、低音の弦楽器の音が中身の無い地下通路で振動するようなもの。うちの頭の中で、奏でる、その叫ぶ音は、想定していた寂しさを超えている・・。
 たまに、高音の響きを奏でれば、気が狂ったかのように扱われる。寂しすぎるよ・・
こんなに、寂しい音が響き渡る場所、ここが、今、ウチがいる世界。君も気づきだしてるはず。
 大勢の世界製作者たちは、毎日の繰り返しのスピードを上げ、自分たちとは違う音を奏でるものを、よってた…

もくじ (1章)

  • 第1章 盛衰 第1章 盛衰

    第1章 盛衰

    2021年9月15日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

じっくり

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する